New Topics

New Topics

被扶養者の方が無料で受けられる「健康診断の受診券」をご家庭にお持ち帰りください

令和2年度、40歳以上の被扶養者の方が無料で健康診断を受けられる「特定健康診断受診券」を事業所あて(当組合にて住所を把握している方は、直接自宅あて))3月23日以降順次送付いたしました。

被保険者の方(ご協力ください)

40歳以上の被扶養者がいる方は「特定健康診査受診券」を勤務先のご担当者様から受け取り、ご家庭にお持ち帰りください。

健康診断を受診した方としていない方では医療費に大きな差あがります。ご家族の方に健康診断の受診を積極的に勧めてください。

また、30~39歳の被扶養者の方は、「健康診断補助のご案内」をご家庭にお持ち帰りください。

被扶養者の方(受診してください)

「特定健康診査受診券」を被保険者の方からお受け取りください。

(1)「無料で受けられる」特定健康診査受診券を使う場合

医療機関の検索はこちらから

(2)パート先などで健康診断を受診する場合

受診券を使わずに、パート先などで健康診断を受けると「5,000円」の補助料請求ができます。

(3)自費で人間ドックなどを受診する場合

受診券を使わずに自費で人間ドックなどを受けると「上限10,000円」の補助料請求ができます。

注)上記(2)(3)の請求には、健診項目「特定健診項目」が必要です。

※請求に必要な書類(当組合へ郵送してください)

  1. 健康診断の結果(写)
  2. 質問票
  3. 被扶養者特定健康診査補助料請求書
  4. 人間ドックなどを受けた方は、領収書(写)も必要です

(1)~(3)のいずれかで健康診断を受診した方はインフルエンザ予防接種の補助(上限2,500円)が受けられますので、ぜひご利用ください。

また、30~39歳の被扶養者の方で、健康診断・インフルエンザ等予防接種を受けた方は健康診断の補助(上限10,000円)が受けられますので、ご利用ください。

健康診断の受診は、令和3年3月31日までにお願いします

※被扶養者の健康診断の詳細は被扶養者の方の健康診断等のご案内をご覧ください。

※健康診断が受けられる医療機関の検索は、医療機関の検索をご覧ください。

【お問合わせ】事務局 給付担当