インフル

年末年始

ルネサンス

HIS

マイナンバー

藤田観光

マホロバ

HIS

小田急リゾーツ

マホロバ

オークラ

契約施設お歳暮

江の島スパ

HIS

藤田観光新規

検認

保険料率

退職後

お得情報

柔整のかかり方

心の声

site map

保健事業

こころの声を聞こう

~夏だ! 休みだ! こころの洗濯!~

長期休暇の効能

なかなか休みの取れない勤務でも、夏には「夏季休暇」がやってきます。その時間を上手に使えば、日頃溜まった心身の疲れを癒したり、非日常を楽しんでみたり、今までトライできなかったとことにチャレンジできる絶好の機会になりますよね。ストレス解消にもってこいの時間にもなります。いわば、日常生活でくたびれた「こころの洗濯」の時間ですね。さて、何をしましょうか?

本気でこころの洗濯をするために

ただ、この「夏季休暇」を有意義に使えるかどうかは、少々のコツがいるのです。あれもしようこれもしようと欲張りたくなるかもしれません。また、「その時の気分で決めればいいか」とのんびり構えることもあるかもしれません。いずれにしても、基本は「なるべく生活リズムを崩さない」ことです。いくらストレス解消のためといっても、普段と極端に違う生活をすることは、それ自体がストレス源になってしまう可能性があるのです。

次に、「何か目標やテーマを一つ決め」「そのための計画をざっくりと決める」ことです。休暇自体が「何をしていいか分からない」「時間だけあっても自由な時間はほとんどない」などの理由でストレス源になるという調査結果もあります。目に見える成果が出ることを目標にして計画を立てておくと、充実感や達成感を得る可能性が高くなります。普段から『時間ができたら何をしたい?』という願望リストを作成しておくとよいでしょう。

長期休暇の目処が立ったら、そのリストから現実的に計画を立てると楽です。そして、いざ実行の時になったら「計画に固執しない」で、現実に起こる体験を楽しむ姿勢が肝です。そのためには、休暇の前に仕事を一区切りさせておくことが絶対条件です。不安なく、心配することなく、目の前に起こることを余すことなく体験するには、仕事の憂いを取り除いておくことが必要不可欠です。休暇明けの仕事は、メモ書きにして頭の中から出しておくとよいでしょう。

これらは、休暇後にスムーズに仕事に戻るための布石にもなるのです。

休暇明け職場復帰の注意事項

さて、休暇明けに特に注意することは「休みボケ」です。休暇を満喫し、心身ともにリフレッシュしたから気持ちも新たに仕事へ打ち込めるはず!…ではないのです。やる気がなかなか湧かなかったり、疲労感に襲われたり、集中力に欠けたりと、くたびれていた休暇前よりも酷い状態になってしまっては、せっかくの「こころの洗濯」も水の泡です。そうならないためにも、休暇の最終日はウォーミングアップの日と位置づけることをお奨めします。休み前に書き出したメモ書きを読むだけでも、仕事モードへの頭の切り替えになりますし、普段の生活リズムを意識し形だけでも実行するのもよいでしょう。長期休暇を「ただなんとなく過ごしてしまった」場合は、特に「体のリラックスに休暇を利用した」と自分に言いながら、最終日をウォーミングアップの日と割り切って過ごすのも一つの方法です。上手に長期休暇を利用して下さいね。

では、よい休暇を!!

目次に戻る