インフル

年末年始

ルネサンス

HIS

マイナンバー

藤田観光

マホロバ

HIS

小田急リゾーツ

マホロバ

オークラ

契約施設お歳暮

江の島スパ

HIS

藤田観光新規

検認

保険料率

退職後

お得情報

柔整のかかり方

心の声

site map

保健事業

こころの声を聞こう

新入職者のストレスマネジメント

新たな環境に参加する時の心得10か条

新しく参加する場所には、新たな役割、新たな生活リズム、そして、新たな人間関係があります。初めての場所では慣れるまでに個人差はありますが、3~6ヶ月はかかると考えましょう。「自分らしくいられない」あるいは「自分の良さが発揮できない」と一時的に感じる状況になりやすいことを覚えておきましょう。焦らずに、本来の自分らしさが発揮できるまでの準備期間と考え、ストレスを自分で上手にマネジメントして、毎日をやり過ごしましょう。

  1. 規則正しい生活を心がけよう
  2. あいさつは対人関係の潤滑油、自分から積極的に気持ちよくあいさつしよう
  3. 知ったかぶりは厳禁! 困った時こそ素直に『教えて下さい』
  4. 記憶力を過信せず、スケジュール管理はメモを上手に活用しよう
  5. 自分の感情の浮き沈みを意識して、今のストレス状況を自覚しよう
  6. 自分の感情を素直に認めて、表現する方法と相手を見つけておこう
  7. 自分の苦手な人には、むしろ、興味を持って接してみよう
  8. 自分にとって『安心できる場所』や『好きなもの・こと』を作っておこう
  9. 褒められたら素直に受け取り、感謝の言葉を伝えよう
  10. 愚痴を言う時間は制限し、言っている自分の自己評価が下がらない程度にしよう
自己肯定感を育てるために

真面目な頑張り屋ほど、目標を高く設定しがちです。理想の自分や、他人と比較して不必要に自分を責めることもあります。特に「どうせ」や「私なんか」が口癖の方は、「あれもこれもできてない自分」と認識していることが多いようです。そういう言葉が出た時には、続けて「でも、それはできるし、こっちは得意だ!」と、自分のできることを言ってみましょう。初めは効果を感じられなくても、10か条を実行しながら続けていくうちに、自分自身を認める力がついていきます。徐々に、できない自分を責めるストレスが軽減し、自己肯定感が育つことで元気に仕事に向かうことができます。

目次に戻る